女性と低用量ピルの画像

女のための低用量ピル

低用量ピルは、服用することで排卵が抑えられ、避妊の効果があります。また、生理痛やPMS(月経前症候群)の症状を軽減することもできるので、女性にとっては嬉しい薬です。

低用量ピルに避妊を頼れる理由

低用量ピルをきちんと服用していれば、ほぼ100%の避妊率があると言われています。そこまで低用量ピルに避妊を頼ることができる理由とはどんなものがあるのでしょうか。女性の身体は女性ホルモンの影響を大きく受けています。プロゲストロンとエストロゲンという2種類のホルモンの働きにより、排卵が起こったり、卵子が受精しなかった場合には子宮内膜を剥がして生理を起こすなど、妊娠のための大きな働きを行っています。低用量ピルを服用すると血中の女性ホルモンの濃度が上がりその情報が脳の視床下部へと送られます。女性ホルモンの濃度が十分にあるということは妊娠をしている状態だ、と脳が判断して排卵を促すための信号が送られなくなります。幾ら精子が子宮の中に入ってきたとしても、排卵がされず受精するための卵子がなければ妊娠することはありません。この作用によって排卵をストップさせて妊娠を防ぐ仕組みになっています。それと同時に子宮頚管粘膜の粘度を高くして精子が入り込めないようにしたり、子宮内膜を厚くならないようにして万が一受精してしまっても着床しにくい状態を作る作用があります。これらの状態は低用量ピルを服用している間だけで、服用をやめれば自分本来のホルモンバランスに戻って妊娠することができるようになります。しかし、これらの低用量ピルの避妊効果はきちんと服用することが前提となります。服用を忘れてしまうと女性ホルモンの濃度が自分の身体本来のものとなり、排卵が始まってしまう可能性があります。服用忘れが24時間程度なら問題ないと言われていますが、それ以上の飲み忘れの場合には避妊効果がなくなってしまいます。毎日決められた錠剤をきちんと服用し続けることが、低用量ピルで避妊効果を実感するための重要なポイントとなります。

生理痛緩和のために低用量ピルをのんでたら妊娠しない

生理痛の主な原因はプロスタグランジンという物質だと言われています。プロスタグランジンは生理の際に経血となる子宮内膜に含まれており、子宮内膜を排出しやすくするために子宮を収縮させる作用があります。プロスタグランジンの働きで子宮の筋肉が収縮される痛みが生理痛として感じられると言われています。また、女性特有の冷えは血行を悪くしてしまうので、プロスタグランジンがいつまでも排出されず体内に残ってしまうため、生理痛が長引いてしまいます。低用量ピルは服用することで女性ホルモンの体内のバランスをコントロールする薬です。その作用によって子宮内膜が厚くならないためプロスタグランジンの量も減り生理痛が軽減されます。そのため、産婦人科などでも生理痛軽減のための薬として低用量ピルが処方されることもあります。しかし、低用量ピルは体内の女性ホルモンのバランスをコントロールすることで身体の中を妊娠しているのと同じようなホルモンの状態にしてしまいます。妊娠しているときには生理が起こらないように、排卵もストップしてしまいます。そのため、低用量ピルを生理痛緩和のために飲んでいれば、妊娠することは出来ません。
低用量ピルの避妊作用は低用量ピルを服用している間だけのことです。服用するのをやめると1か月ほどで自然な生理が戻り妊娠することが可能になります。また、現在の女性は昔に比べると初潮の年齢が早く出産する子供の数も減っているため子宮や卵巣が休まることができず過剰に働いている状態だとも言われています。低用量ピルを服用している間は排卵がストップするため卵巣も休まることができるため、服用をやめると卵巣が元気になり、妊娠しやすくなると言われています。

低用量ピルはお酒で飲んでもいい?

ピルは女性をサポートしてくれる薬の1つです。避妊効果があるだけでなく、子宮内膜症や月経不順といった女性特有の病気の治療にも処方されます。また、最近は女性ホルモンバランスが崩れる事で起こる、ニキビの治療にもピルを使うケースが増えてきました。このように、様々な症状を緩和してくれるピルは、女性なら活用したい薬と言って良いでしょう。
最近のピルは低用量ピルといって、ホルモン剤が最小限に抑えられているものが主流です。服用しても一気に体内の女性ホルモンバランスが変わらない為、副作用が起こり難いと言われています。ピルは毎日服用する必要のある薬ですので、できるだけ副作用のリスクを下げる為にも、低用量ピルを選ぶ事がおすすめです。一般的な薬は食前や食後など、服用するタイミングが決められていますが、ピルの場合はどのタイミングで服用するのでしょう?ピルは飲むタイミングを、自分で決められる薬です。毎日飲む必要はあるものの、食前や食後など飲むタイミングは決められていません。ですので、忘れない時間帯に服用する事がおすすめです。例えば、寝る時間帯がいつも同じという方の場合、寝る時に服用するのも良いでしょう。ただ、夜にピルを服用するという場合、ケースによってはお酒で飲んでしまう事があるかもしれません。ピルも薬ですので、お酒ではなく水で服用する方が良いでしょう。
ですが、ピルを服用しているからといって、お酒を一滴も飲めないという事はありません。節度を守ればピルを服用中も、お酒を飲んでも大丈夫です。この時、注意したいのが飲み忘れです。夜にピルを服用していた場合、お酒の飲み過ぎで酔っ払い、ピルを飲む事を忘れてしまうかもしれません。ピルは毎日飲まなければ排卵を起こし、妊娠する角質が上がってしまいます。避妊目的で服用する場合、お酒によってピルの服用を忘れないようにしましょう。