女性と低用量ピルの画像

低用量ピルは、服用することで排卵が抑えられ、避妊の効果があります。また、生理痛やPMS(月経前症候群)の症状を軽減することもできるので、女性にとっては嬉しい薬です。

低用量ピルとプラセンタを使うなら時間の間隔を開ける

低用量ピルは、避妊薬というイメージが強い人が多いかと思われますが、定期的に継続して服用することで排卵を抑制し卵巣を傷つけることなく休ませることができるため、卵巣嚢腫や卵巣がん、子宮体がんなどの病気の発生リスクを軽減するとされています。

加えて、ホルモンバランスが安定するので生理不順が改善したりあるいは生理周期をコントロールすることができるほか、子宮内膜を薄くする作用もあるので月経過多などで貧血症状になるのを防ぐなど、女性特有の体の不調にも有効だとされています。

また、皮脂分泌が抑えられるので人によっては肌が綺麗になるという効果も期待できるとされています。

ただ、プラセンタを服用したり使用している人は、低用量ピルを服用することでホルモンバランスが崩れるのではないかと不安に思われる人もいることでしょう。

プラセンタも女性ホルモンを活発にする作用があるので低用量ピルとの相性が悪いのではないかと考えるのは普通のことでしょう。

プラセンタは、場合によって生理不順や不妊治療などにも使われることもあるため、女性の身体に働きかける点ではピルに似たような部分もありますので、間隔を開けながら摂取しなければならないのかと気になるところです。

市販で売られているドリンクやサプリメントなどは、プラセンタが配合されていてもピルと併用したからといって影響が出ることはないとされています。

しかし、美容クリニックなどでプラセンタ注射を受けたり、医療機関で処方されたサプリメントやドリンクなどは併用するのは良くないとされています。

そのため、同じ医療機関でプラセンタとピルの処方をされているのであれば直接その病院で相談するのが良いですが、もし別々の医療機関にて処方されているのであれば、事前にどちらかを服用していることを伝えるようにして問題がないのか医師に確認してから使用するのが望ましいといえます。