女性と低用量ピルの画像

低用量ピルは、服用することで排卵が抑えられ、避妊の効果があります。また、生理痛やPMS(月経前症候群)の症状を軽減することもできるので、女性にとっては嬉しい薬です。

低用量ピルを服用中に血圧が上昇してきたら病院へ

日本でも海外のように低用量ピルを服用する女性が増えてきました。低用量ピルとは避妊目的や生理に伴う諸症状、女性特有の病気の予防のために服用する錠剤です。エストロゲンとプロエストロゲンという2種類のホルモンを含んだ錠剤で、毎日自分で決めた時間に1錠服用すると毎月の排卵を抑制し、結果的に避妊効果があるという仕組みになっています。排卵を抑制するため、卵巣を休ませることができ、5年以上服用を続けると卵巣がんのリスクが減少するといった研究データもあります。また、卵巣を休めることで排卵を再開するときに健康な卵子が生成されるため、不妊に悩む女性にもおすすめです。低用量ピルの服用を中止したあとは反動で妊娠しやすいといった現象が起こることがあり、それを利用して妊娠しやすい環境を作ろうといった動きもあります。そのようにいろんなメリットがある低用量ピルですが、産婦人科の医師の指示に従って服用しないと重篤な症状を引き起こすこともあるので注意が必要です。まず低用量ピルを処方できない人がいます。それは喫煙者です。喫煙したまま低用量ピルを飲み続けると血栓ができ、血栓症という病気で最悪の場合死亡することもあります。また、喫煙者でなくても服用を続けているうちに血圧が上昇してきたなどの症状が見られたり、ふくらはぎに鋭い痛みがあるような場合はすぐに処方してもらった産婦人科を受診するようにしましょう。血栓症の症状が出ている可能性があります。服用中は定期的に検査を受けるなどして、自分の体の状態を把握することが重要です。避妊効果があるのでコンドームを装着する必要はありませんが、低用量ピルでは性病は防げませんので、何か異変があればすぐに病院に行きましょう。