女性と低用量ピルの画像

低用量ピルは、服用することで排卵が抑えられ、避妊の効果があります。また、生理痛やPMS(月経前症候群)の症状を軽減することもできるので、女性にとっては嬉しい薬です。

女性ホルモンが低用量の低用量ピルによる頭痛の副作用

低用量ピルは、経口避妊薬で、避妊薬として認知している人が多いのではないでしょうか。
欧米では、避妊の目的で使用する人が多い中、日本ではまだ避妊薬として使用する人は少なく、主に女性特有の症状の治療薬として使用されています。
ピルというと、副作用として吐き気や頭痛など重い症状が現れると思っている人も多いかもしれませんが、それはピルに含まれている女性ホルモン量が多い、中・高用量ピルの副作用で、女性ホルモン量が低用量のピルなら、それほど重い症状は出ることはありません。
またコンドームなどよりも高い避妊効果を得ることができ、女性が主体となって避妊を行える方法ですから、メリットの高い薬といえます。

低用量ピルには、女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモンがバランスよく配合されています。
そのため、避妊だけでなく、月経トラブルの改善や子宮内膜症、排卵障害の改善、美容効果なども期待することができます。
特に、月経前のいらいらや憂鬱、体のだるさなどが現れる月経前症候群には、低用量ピルを服用することで、ホルモンバランスを整え、症状を和らげることができます。
また重い月経痛が月経過多なども、ピルの服用によって子宮内膜の増殖が抑制されるため、痛みや出血が軽減されます。
その他にも、激しい月経痛や経血などをともなう子宮内膜症は、放置すると不妊の原因になることもあります。そのため、妊娠を希望しない場合には、低用量ピルの服用によって治療を行い、子宮内膜の増殖を抑えていきます。
一般的に低用量ピルは自由診療のため実費となりますが、子宮内膜症の治療として使用する場合には、保険の適用が認められていることもあるので、毎月の月経を苦痛に感じている人は、一度受診してみてはいかがでしょうか。