女性と低用量ピルの画像

低用量ピルは、服用することで排卵が抑えられ、避妊の効果があります。また、生理痛やPMS(月経前症候群)の症状を軽減することもできるので、女性にとっては嬉しい薬です。

東京で健康に気を付けて低用量ピルを入手する方法

低用量ピルは、東京では病院やクリニックなどで入手できます。
東京には低用量ピルを処方してくれるピル外来を備えている医療機関もあるので、婦人科や産婦人科に行くよりも気軽に行くことができるでしょう。
しかし、低用量ピルのなかには、重大な副作用を引き起こす可能性があります。
たとえば、乳がんや子宮がん血栓症などです。
これらの副作用は、20代の女性が1万人に1人の割合で発症しています。
また、がんなどの重大な副作用以外にも、低用量ピルには小さな副作用もあります。
短期的な小さな副作用としては頭痛や吐き気、体重の増加などがあり、長期的には微熱が続いたりすることもあるのです。
低用量ピルは、気軽に避妊ができるとして東京でも人気があります。
しかし、服用をすると命に関わる副作用が発生する可能性もあるので、健康に気を付けて飲まなければいけません。
健康に気を付けるために大切なのが、医師による検診です。
最近ではネットの通販で、低用量ピルを購入することができます。
そのため、東京で医療機関を受診して処方されるより、気軽に購入できるとして利用する女性は増えました。
しかし、ネット通販を利用して低用量ピルを購入すると、処方前に検診を受けることができません。
体にとって安全か確認せずに服用を始めるので、健康への危険性は高まります。
また、小さな副作用が続いているときも、ネット通販で購入したらすぐに医師に相談できないでしょう。
東京で低用量ピルを手に入れるときに医師の診察を受けていれば、処方前に検診を受けられて安全性を確認できます。
服用後に副作用の影響で微熱が続いたりしたときでも、すぐに相談に行くことができるので、健康を守ることができるでしょう。